Amazonでクラシックギターを検索

2017年06月25日

重奏コンクール 結果 2017

第30回重奏コンクールを見たので結果の速報です。感想は長くなるので後ほどアップします。

1位 Led groooover
2位 地下活動
3位 SNGE
4位 ギターデュオ Hope
posted by S at 18:22| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふるさと納税 クラシックギター

ふるさと納税をご存知でしょうか。自分の好きな地方自治体を選んで税金を納めることができ、その額マイナス2,000円が控除されるので、実質2,000円の負担で返礼品をもらうことができるという制度です。

控除の上限額は給与所得やその他の条件によって変わるので詳細は記載しませんが、大よそ年間の給与収入が1,500万円くらいの方だと、約35万円となります。給与収入が800万円なら、家族構成によって11万円を超えるくらいです。
─────────────────
参考:
ふるぽ
http://furu-po.com/simulation
─────────────────

控除の上限がこのくらいの額になってくると、返礼品として楽器というのも選択肢に入ってきます。


たまたま、クラリネットの返礼品というのを見つけました。







そこで、クラシックギターもあるのではないかと探してみた所、ありました。





さらに、サイレントギターもあります。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】ヤマハサイレントギター SLG200N
価格:220000円(税込、送料無料) (2017/6/25時点)



ちなみに、このSLG200というモデルはN,NW,Sという3種類があります。そのうち、ナイロン弦はNとNWです。
この2つは弦長650mmという点は一緒ですが、指板の幅が、Nの方が若干細くなっており、手の小さい方でも弾きやすくなっています。


楽器は基本的に試奏して購入するのが良いと思うのですが、こんな入手の仕方もあるというのは知っておいて損はないと思います。
(重ねて言いますが、控除額の上限額が十分な方であれば、上記の返礼品は全て実質2,000円です。)
posted by S at 10:52| Comment(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

改札で止められる

クラシックギターを持っていると、電車の改札ですぐに止められるんですよね。私・・・



の次の人が。大変申し訳ないです。

手にギターを持ってると、2人とカウントされがちなんでしょうねえ・・・



そんなわけで、極力ギターは背負うべきだなという結論に至りました。
posted by S at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする