お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年06月18日

幻想即興曲 ギター

幻想即興曲という、ショパンの有名曲があります。



私はこの曲が好きで、ギターで弾こうと試みたこともあるのですが、すぐに諦めました。


ピアノ曲でもシューマン作曲のトロイメライのようにゆったりとしたメロディーの曲ならギターでも弾きやすいですが、幻想即興曲のような16分音符が続くような、しかもテンポの速い曲は弾くのが困難だと思います。

それが、なんと猪居亜美さんのメジャーデビューアルバム『MEDUSA』に、ギター独奏で収録されるそうなのです。


MEDUSA


幻想即興曲の特徴として、1小節の間に、右手が4個の音を弾く間に左手は音を3個弾くという、右手と左手のリズムの交差があります。ドビュッシーのアラベスク第1番でも同様の表現が見られます。

これがどう表現されるのか、非常に興味深いです。2重奏だったら再現できそうですが、独奏なので省略されているのでしょうか。


メロディーをそのまま弾くだけでも、ものすごく困難だと思います。猪居さんの確かなテクニックがあっての選曲ですよね。



このアルバム、ムーンタンが収録されているのも気になります。木村大さんと、アンドリュー・ヨークさん以外の方が録音しているのを初めて見た気がします。


posted by 管理人 at 02:50| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: