2019年09月25日

MuseScore 小節番号の振り直し

楽章の変わり目や、小品集で作品の変わり目などに、小節番号を一度リセットして1から付け直したい場合があると思います。

そこで、今回はMuseScoreで小節番号の振り直しをする手順を説明します。



このように9小節目まで楽譜があるとします。
000_例の楽譜.PNG







例えばここまでが序奏で、この10小節目からは本編で小節番号を1に戻したいとします。
001_ここを1にしたい.PNG



小節番号を振り直したい小節(今回は10小節目)の上で右クリックして、「小節のプロパティー」をクリックして開きます。
002_10小節目の上で右クリックして小節のプロパティーをクリック.PNG





「その他」の小節番号の増減という入力欄で、「-(半角のマイナス、ハイフン)」に続けて減らしたい数(今回は9)を入力します。すなわち、今回の例では「-9」を入力します。
003_その他の小節番号の増減で-9を入力.PNG




そして、OKをクリックします。
004_ok.PNG





すると、楽譜はこのようになります。
005_するとこんな感じになって.PNG




1小節目は数字が表示されなくて分かりにくいですが、次の段の小節番号が4になっていることから、確かに小節番号が1になったことが分かります。
006_1小節目は表示されてないが次の段が4になっている.PNG





◆目次─────────────────
MuseScore 使い方

当ブログのMuseScore関連の記事一覧です。皆様の作業にお役立てください。
─────────────────
ラベル:楽譜 小節 musescore
posted by 管理人 at 10:46| Comment(0) | MuseScore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉ギターコンクール 2019

2019年9月23日に開催された第26回埼玉ギターコンクールの結果が掲載されていました。

第26回埼玉ギターコンクール結果: 埼玉ギター協会


情報が早いです。


1位の方の自由曲、ブローウェルの「ソナタより第3楽章パスキーニのトッカータ」というのがタイトルを見てもピンとこなかったのですが、検索したら猪居亜美さんの演奏が出てきました。





この曲は、ソナタ第3番「黒いデカメロン」として出版されています。ブローウェルの黒いデカメロンといったら別の曲がまず思い浮かぶのですが、同じ標題をつけているんですね。

パスキーニというのは人の名前でしょうか。検索するとバロック時代の作曲家が出てきたのですが、関係あるんでしょうか。





ものすごいテクニカルな曲ですが、色々と意味を込めて作曲しているだろうと思われて、表現上もかなりの難曲だと思います。

今年は行けなかったのですが昨年は全てではありませんが会場で演奏を聞いていて、埼玉ギターコンクールの入賞者の演奏レベルはかなり高いと感じています。
posted by 管理人 at 01:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

全日本ギターコンクール 結果

こちらのブログ、新堀ギターの楽譜販売用のページですが、ブログで全日本ギターコンクールの結果が掲載されていました。

BLOG | ギターアンサンブル楽譜ダウンロード専門店


2018年度、第49回の結果が2018/12/07 17:14の記事に掲載されています。コンクールの結果は今のところそれだけですが、2019年度以降も掲載されるのでしょうか。

JGAギター音楽祭2019に出演されていた、藤尾ゆにかさんの名前も見られます。




こちらのブログは、他にも合奏用ギターの記事などがあって興味深いです。




コンクールの募集要項についてはこちらのホームページに掲載されています。

全日本ギターコンクール | 日本教育ギター連盟&国際ギターオーケストラ協会



こちらで過去の結果もまとめてあると分かりやすいなと思うのですが、現状はページが分かれているようです。
posted by 管理人 at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

Harpejji

Harpejjiという楽器です。





弦が16本(16本なのはG16だからかもしれないです)張ってあり、エレキギターを両手でタッピングするのに近い奏法をします。


ギターは通常6音まで(たまにネックが2本以上ついたギターで変態的な演奏をされる方もいますがそれは置いておいて)ですよね。

このように音がたくさん出せるのはうらやましいなと思います。



このように弾くならピアノで良いじゃないかという話でもあるのですが、ギターと一緒でビブラートがかけられますし、先ほどの動画では出てきませんがスラップ奏法のようなことも可能です。




弦の並びがギターのように4度音程だと、かなり混乱すると思います。この楽器は、隣り合う弦は全音の関係で並んでいます。

(参考: Playing the Harpejji - Marcodi Musical Products

そして、当然上下に1フレット変わったらギターと同様、音は半音変わります。


ものすっっっっごく習得が難しそうに見えるのですが、実際にはそこまでとっつきにく楽器ではないと思われます。


スピーカーを通す前提の楽器のようですが、それだけにスピーカーを通さなければ小さい音で練習できますし、気軽に充実した音楽が楽しめる楽器なのではないかと思います。
ラベル:全音 ビブラート
posted by 管理人 at 22:46| Comment(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

指は平行には動かない

左右どちらもそうなのですが、指というのは平行には動かないと思うのです。


左手でいうと、フレットを押さえるときの基本は指板に対して垂直にというのがあると思いますが、4本の指すべてを同弦で押さえるなら、人差し指、小指は斜めになるのが自然です。

これは、指が4本並行ではなくて、中心に集まるように動くためだと思います。



指を開くほどこの傾向は強くなりますが、開かなくても若干はあると思います。



それで右手の話なのですが、右手の指は開かずに弾くと思うのですが、それでも動きは完全に平行ではなくて、各指で若干のずれがあると思います。

ボディーマッピングの話につながってくると思いますが、このズレを認識するかどうかというのは、右手を自然に動かすために大切なのではないでしょうか。


音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング
posted by 管理人 at 01:26| Comment(0) | テクニック 右手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする