2019年05月09日

階名で歌う

階名で歌うことは、音楽を理解する上でとても有効だと思うのですが、どうしても慣れないのですよね。

ギターはフレットが音名と結びついてしまっていますから、それを切り離すのが難しいです。



階名で歌えないのと似ているのが、開放弦を使わないスケールを弾くときに、フレットをずらすと弾けなくなる現象だと思います。

例えばGメジャーの調で、6弦3フレットから、ソシレファ#と1音ずつ上がって(左手は2143)ミレドシ(1421)と1音ずつ下がってくるとします。次は同じポジションで、ラドミソ(4214)と上がってファ#ミレド(3142)と下がります。※こーじゅんさんというギタリストの方がTwitterでアップしていた基礎練習の一部です

これを、1フレットずらして4フレットから始めると、G#メジャーになります。

このキーでも同じ指使いをすれば良いのですが、なぜか、同じ指使いができなくなることが、私にはあります。つまり、Gメジャーと同じ音程感覚でG#メジャーを弾けば良いだけなのに、なぜか、同じように弾けない、例えば、Gメジャーでファ#にしていたところを、なぜかG#メジャーに移したらシャープを外してナチュラルに相当する音で弾いてしまう。そんなことが起こります。

これって、音程の感覚が十分ではないために、調が変わるとどの音が正しいのか分からなくなっているのだと思います。


音程の感覚をつかむ手段として階名唱にこだわる必要はないと思いますが、階名唱ができるような音程感覚をつけたいものです。
posted by 管理人 at 21:00| Comment(0) | ソルフェージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

ソルフェージュが無料で学べるサイト

楽典の問題を解いてみると、どうしても調判定の問題が苦手で、読譜力不足を実感しています。
読譜力にはソルフェージュが大事ということで、手始めに何から始めようかと思って調べていたところ、こんなサイトを見つけました。


http://www.senzoku-online.jp/solfege/


洗足学園がこんなことをしていたとは知りませんでした。
まだやってみてないですが、音大が提供しているサイトで信用できそうですし、ソルフェージュ以外にも様々なコンテンツがあります。

これを無料で提供しているというのはすごいですね。
posted by 管理人 at 23:40| Comment(0) | ソルフェージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする